安定型ハイドロキノンなら高濃度でも大丈夫?副作用は起きない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、安定型ハイドロキノン(新型ハイドロキノン)を使用した化粧品が増えています。

ハイドロキノンは劣化しやすく刺激性が高いため、利用にはかなり神経を使う成分ですが、 安定型ハイドロキノンは通常のハイドロキノンよりも安定性を高めるとともに、刺激性を低減しているため、 環境が一定ではない家庭でも利用しやすいというメリットがあります。

刺激が少なければ、それだけ濃度の高いハイドロキノンを利用しやすくなるため、 安定型ハイドロキノンを用いた化粧品では、やや高濃度だと思われるものも少なくはありません。

濃度の高いハイドロキノンが低刺激であるというのは、 利用者にとっては嬉しいことですが、中には大丈夫??と思うような濃度の高いものも見受けられます。

そこでふと疑問が。

確かに、安定型ハイドロキノンは劣化しづらく刺激性も抑えられてはいますが、 だからといって副作用の面でも安全だといえるのでしょうか?

刺激が少なくても、5%は5%、10%は10%のハイドロキノンなりの危険性があるのではと思われますが、 その点はどうなのでしょうか?

おススメ! 1.9%濃度なのに4%と同じ?
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できるという 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

当サイト管理人自身も、実際に使用しています。

まずは価格の安いトライアルキットでお試しください。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



安定型ハイドロキノンは高濃度でも使いやすいが、副作用がないわけではない

先にも述べた通り、安定型ハイドロキノンは刺激性が抑えられているため、高濃度に配合した化粧品でも利用しやすいです。

実際、肌があまり強くはない私は、2%のハイドロキノン化粧品でもピリピリとした刺激を感じてしまうのですが、 安定型であれば、5%濃度のハイドロキノンでも全く刺激を感じずに使うことができるんですよね。

肌が敏感、でもシミをなんとかしたいという方にとって、 安定型ハイドロキノンを使用した化粧品は非常に重宝するものだといえます。

ただ、安定型ハイドロキノン化粧品は刺激を感じにくいがゆえに、 さらに高濃度・・と欲張ってしまいやすくなる傾向があり、その点は注意が必要。

刺激が少なくても、高濃度ハイドロキノンなりの効果がみられるということは、 副作用もそれなりにあると考えられるからです。



高濃度ハイドロキノンの副作用ってどんなもの?

ハイドロキノンは副作用が起きやすいなどとよくいわれますが、 具体的にハイドロキノンの副作用ってなんでしょうか?
・肌が紫外線に弱くなる
・変性したハイドロキノンによる、肌への悪影響
・白斑ができる
他にも、肌が炎症を起こしてしまうなど色々ありますが、 主には上記の3つが、ハイドロキノン使用時に起きやすい副作用だといえます。

以下、詳しくみていきましょう。


肌が紫外線に弱くなる

ハイドロキノンを利用すると肌が紫外線に弱くなるというのは、 肌をガードする役割を果たすメラニン色素の生成がハイドロキノンによって抑えられ、 紫外線ダメージの影響を直接受けやすくなってしまうため。

メラニン生成を抑えるという作用は、シミの改善には必要な作用なのですが、 高濃度ハイドロキノンではさらにその作用が強くなってしまうため、 徹底した紫外線対策が必要になります。


変性したハイドロキノンによる、肌への悪影響

肌にハイドロキノンを塗布したまま紫外線を浴びると、肌の上にあるハイドロキノンが毒性を持つ物質へと変性してしまい、 肌に悪影響を与えてしまう可能性があります。

紫外線によるハイドロキノンの変性を防ぐためには、日中のハイドロキノンの利用を控えるか、 利用する場合には紫外線対策を徹底するなどの対策が必要になります。


白斑ができる

白斑は、色素細胞であるメラノサイトが機能しなくなる事によって起こる副作用です。

ハイドロキノンを使用しているのにもかかわらず、ご存知ない方もおられるのですが、 ハイドロキノンにはメラノサイトに対する細胞毒性があります。

その細胞毒性によってメラノサイト自体の活性を抑え、メラニン生成を抑制するのですが、 その作用があだとなり、メラノサイト自体が機能しなくなってしまうことが稀にあるといわれています。

白斑は低濃度ハイドロキノンよりも、高濃度ハイドロキノンを長期に利用した場合に起きやすいため、 高濃度ハイドロキノンを使用する場合には特に注意しなくてはなりません。



安定型ハイドロキノンが使いやすいからといって欲張るのは危険

安定型ハイドロキノンは、従来のハイドロキノンよりも刺激性が少なく、 劣化しにくいという点で使いやすくはあるのですが、使いやすい分、より高濃度に手を出してしまいやすいという欠点があります。

安定型であっても、メラニン生成抑制といったハイドロキノンならではの作用や、副作用が起きるリスクは、 通常のハイドロキノンと大きく変わりません。

濃度の高すぎるハイドロキノン化粧品の利用に関しては、もう少し慎重になる必要があります。

ただ、通常のハイドロキノンに比べると、 安定型ハイドロキノンは刺激による肌トラブルが起きづらかったり、ハイドロキノン自体が酸化しづらく扱いやすいというのもまた事実です。

使いやすいからといって濃度をエスカレートさせすぎないよう、また正しい使い方を心掛けることで、 シミケアの大きなサポートとなることは間違いありません。



安定型ハイドロキノン どの製品を選べばよい?おすすめは?

安定型ハイドロキノンであっても、高濃度は危険。
しかし低濃度だと、効果の面で不安があります。

一体、どのようなハイドロキノン化粧品を選べばよいのでしょうか?

最近では、安定型ハイドロキノンを使用した製品も増えましたが、 実際に利用してみておすすめだと思うのは、ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9 」というハイドロキノンクリーム。

ハイドロキノン濃度は1.9%とかなり低いのですが、 独自のテクノロジーによってハイドロキノンの刺激性を抑えると共に、 浸透性を高めることで、よりハイドロキノンの効果を引き出しやすくしています。

それにより、4%濃度のハイドロキノン並の効果を実感できるというデータもあるのだとか。

特にハイドロキノンの副作用を懸念される方や、敏感肌の方にはとても使いやすいハイドロキノンクリームです。

もちろん、ハイドロキノン化粧品は相性の良し悪しが大きく万人に合うとは限りませんが、 365日間返品・返金保証に対応しているため、安心して利用できるのではないでしょうか?

本商品をいきなり買うのではなく、まずは試してみたいという方は、 まずはQuSomeホワイトクリーム1.9を含む、ホワイトケアシリーズのトライアルセットを利用すると良いでしょう。
トライアルセットで提供されているハイドロキノンクリームは量が少ないため、 それだけでシミへの効果を実感することは難しいですが、肌に合うか合わないか、使い続けられるかどうかの目安にはできると思います。

また以下では、安定型ハイドロキノンのおすすめ製品を数点ご紹介していますので、 あわせて参考にしてみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なハイドロキノンを使用した管理人がおすすめする、ハイドロキノン化粧品をご紹介。

結論としては、安定型ハイドロキノンが低刺激でストレスなく使えました。
酸化しづらいため、肌の上で効果が長持ちしやすいこと、さらに劣化リスクを抑えられるというメリットもあります。

特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方には安定型ハイドロキノンが一押しです。



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要