メガネ跡の色素沈着が消えない!ハイドロキノンでケアできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、メガネ跡が消えてくれない。
以前までは何ともなかったはずなのに、メガネを使い続けるうちにメガネの鼻当ての跡が消えにくくなるという方、少なくないようです。

かくをいう私も、メガネ跡が消えなくなってしまい悩んだ時期がありましたが、 美白ケアを行うことで色素沈着はほぼ改善されました。

今回は、メガネ跡が色素沈着しやすい理由と、私が行ったメガネ跡のケア方法をお話いたします。
おススメ! 1.9%濃度なのに4%と同じ?
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できるという 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

当サイト管理人自身も、実際に使用しています。

まずは価格の安いトライアルキットでお試しください。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



メガネ跡が色素沈着しやすい理由は?

メガネの鼻当て部分は、メガネを支えるために長時間皮膚を圧迫し続けるため、圧迫による色素沈着が起きやすい部位です。

圧迫による刺激でメラニン色素が過剰生成され続け、いつのまにか色素沈着してしまうわけですが、 メガネはずっと使い続けるものであるため、そのまま何もせず放っておくと色素沈着が取れにくくなることも。

メガネ跡を気にしないのならばともかく、そうでないのなら放置はNGです。

特に、日ごろから冷えやすく血行が悪くなりやすい方に、色素沈着が起きやすいようです。

メガネをずっとしているのに跡が付きやすい人と付きにくい人がいるのは、 血行の良し悪しが関係していると考えても良いでしょう。

特に現時点では色素沈着は見当たらないという場合でも、体質が変わったり、 冷え性で血行が悪い状態が続くことによって、メガネ跡が残ってしまいやすくなる可能性はあります。

幸い、メラニンによる色素沈着は美白ケアを行うことで改善できる可能性が高いです。

ただしシミと同じで、跡が残るようになってから時間が経過すればするほど改善に時間がかかるようになるため、 色素沈着に気づいたら早いうちにケアを行うようにしましょう。



シミに効果的なハイドロキノン メガネ跡にも効果は期待できる?

シミ治療にも用いられる美白成分ハイドロキノン。
手っ取り早くシミを改善・・となると、まっさきにハイドロキノンを思い浮かべるという方は少なくないのではと思います。

私自身も、顔のシミに使っていたハイドロキノンをそのままメガネ跡に用いました。

その他の美白化粧品を使用してもよいですが、美白ケアを行っている間もメガネを利用して肌を刺激し続けるわけですから、 できるだけメラニンを強力に抑制できる美白成分を使用したいところ。

そんな理由より、ハイドロキノンを選びました。

メガネ跡へのハイドロキノンの使用方法

使い方に特にコツは要りません。
晩、お風呂から上がってスキンケアを行う際に、ハイドロキノンをメガネ跡周辺に適量塗布します。

この時に使用したハイドロキノンは、約2%という低濃度のものです。
この濃度で効果がみられなければ、さらに濃度をあげていくつもりでいましたが、その必要はありませんでした。

私の場合、夜間だけではなく日中も外出がない日は薄く塗り、上から日焼け止めを塗ってカバーするようにしていました。

外出が多い場合は、日中の利用は避けた方が良いでしょう。

あと、日中はメガネをかける都合上、鼻当てがこすれることによって日焼け止めが取れやすくなるため、その点のみ注意が必要。

日焼け止めが取れてしまったら、都度塗り直すようにします。



メガネ跡の再発防止 メガネの鼻当てを工夫する

たとえ、メガネ跡の色素沈着がハイドロキノンで改善したとしても、 これまでと同じようにメガネによって皮膚を圧迫し続けていれば、すぐに再発してしまいます。

メガネを利用しないのがもっとも効果的な再発防止方法ではありますが、そんなわけにはいきませんよね?

メガネを使い続けなければいけないのなら、少しでも肌への圧迫を軽減できるよう、メガネの鼻当て部分に工夫を施すのがおすすめです。

メガネの鼻当てを調整してもらう

メガネの鼻当てが自分の顔に合っていない、でもそのまま使い続けているという方、結構多いのではないでしょうか。

鼻当ての角度やサイズが合わないと、鼻当てが接触する肌の一部分にメガネの重みが集中してしまい、 メガネ跡が残りやすくなります。

メガネの鼻当ては、メガネ専門店で簡単に調整してもらえますので、面倒くさがらずに調整してもらいましょう。

メガネのフレームを軽いものへ交換する

メガネのフレームが重いと、それだけ鼻当て部分に大きな力がかかりやすくなります。

レンズが重い場合、大幅な重さの改善は難しいですが、フレームを変えるだけでも随分と肌への圧迫感が違ってくるはずです。

中には、メガネを軽くしただけで目が疲れにくくなったという声もあるなど、 人によっては色素沈着予防以外にもメリットがあるようです。

シリコン製の鼻パッドを装着する

色々試してみたけれど、まだメガネ跡が付くという場合は、 メガネの鼻当て部分にシリコン製のパッドを貼ってみると良いでしょう。

メガネ跡が気になる方、鼻当て部分が痛くなりやすい方向けに、様々なめがね用の鼻パッドが販売されています。
殆どがシールで鼻当てに張り付けるだけであるため、簡単に使えるはずです。 価格も比較的安く、気軽に取り換えやすいところも魅力。

これを貼るだけでも、随分とメガネの鼻当て部分の圧迫感は違ってくるでしょう。




メガネ跡の再発防止 血行をよくする

血行が悪いと、メガネ跡の色素沈着が起こりやすくなります。

現に私自身も、これまで何年もメガネを使用していてメガネ跡が気になるようなことはなかったのに、 つい最近冷え性が気になり出してから、メガネ跡が急に気になるようになってきたのでした。

血行不良によって肌の新陳代謝が鈍ったために、生成されたメラニンが外部へ排出されにくくなったのだと思います。

いくら美白ケアを一生懸命に行ったり、メガネを工夫したとしても、血行不良を改善しなければメガネ跡の改善には大きな効果は望めませんし、 メガネ跡だけではなく、肌全体のくすみも起きやすくなります。

血行不良を改善するには運動が一番ですが、湯船につかって体を温めるのも効果的。

また、PC作業など目を酷使した後に、ホットタオルや市販のホットアイマスクで目の周囲の肌を温めるというのも、手軽にできておすすめです。



まとめ

メガネ跡の色素沈着の予防や改善、再発防止には・・
・美白成分による美白ケア
・フィットしやすく、軽いめがねを使用する
・血行不良の改善
以上の3つを心掛けるようにしてみてください。

なお、今はなんともないという方も、私のように体質が変わってから急に色素沈着が現れてくる可能性もあります。

もし色素沈着が起こってしまっても、またハイドロキノンなどの美白成分を利用すれば済むことですが、 毎日のケアは結構大変。

できれば、色素沈着が起こる前にケアしたいところです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なハイドロキノンを使用した管理人がおすすめする、ハイドロキノン化粧品をご紹介。

結論としては、安定型ハイドロキノンが低刺激でストレスなく使えました。
酸化しづらいため、肌の上で効果が長持ちしやすいこと、さらに劣化リスクを抑えられるというメリットもあります。

特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方には安定型ハイドロキノンが一押しです。



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要