ハイドロキノンに紫外線は大敵! 蛍光灯・LED照明の紫外線は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイドロキノンを使用している期間中は、紫外線対策を徹底しなくてはいけません。

ハイドロキノン自体が紫外線で変質しやすいことに加えて、ハイドロキノンを使用するとメラニンの生成が抑制されるため、 肌が紫外線に弱くなってしまいます。

肌が無防備な状態で強い紫外線を浴びてしまうと、 新たなシミを作ってしまったり、将来皮膚がんになるリスクを高めることにもなります。

ですので外出時はもちろん、日中は屋内にいても日焼け止めを塗ることが推奨されています。

しかし、そこでふと疑問が。
紫外線はなにも太陽からのみ発せられているのではなく、照明からも発せられます。

日焼け用ランプなんて、その最たるものですよね。

ハイドロキノンを使用していないのならばともかく、ハイドロキノン利用時は通常では考えられないくらい 紫外線を避けることを徹底しなくてはなりませんから、ひょっとすると照明からの紫外線も危ないのでは・・・

そう考えたことがある方は少なくないのではと思うのですが、 実際にはどうなのでしょうか?
おススメ! 1.9%濃度なのに4%と同じ?
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できるという 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

当サイト管理人自身も、実際に使用しています。

まずは価格の安いトライアルキットでお試しください。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



結論からいうと、照明の紫外線はあまり気にしなくても良い

先に結論からいってしまうと、紫外線を発する照明はありはするものの、 屋内で利用されるような照明から発せられる紫外線は微々たるものであるため、気にしなくても大丈夫です。

じゃあ、どうして屋内にいる場合でも日焼け止めを塗らなくてはいけないの?と疑問を持つ方もおられると思うのですが、 屋内でも日焼け止めを塗った方が良いといわれるのは、日中のみ。

日中、屋内にいる場合に日焼け止めを塗る理由は、 屋外の照り返しなどによって窓から入ってくる紫外線量がバカにならないからです。

部屋の窓の位置や大きさ、また季節によっては、 屋内にいても屋外の日陰で過ごしているのと変わらないくらいの紫外線量があるため、 念のため日焼け止めを塗った方が良いといわれます。

私の部屋には屋外の光がほとんど入ってこない・・・なんて場合であっても、 急な来客に対応したり、ベランダや庭に出て日差しを浴びることもあるかもしれません。

ハイドロキノンの副作用を避けるためにも、短時間でも外に出る可能性がある日中には、日焼け止めを塗っておいた方が安心です。



照明の紫外線ってどの程度?

照明の紫外線は気にするほどではない。
そうわかっていても気になる方のために、照明の紫外線についてお話しします。

家庭用の照明から発せられる紫外線

一般家庭で使われる主な照明には、蛍光灯やLED照明があると思います。

蛍光灯やLED照明と一口に言っても様々ですが、ここでお話しするのは部屋の天井につけるような照明だと考えてください。
細かい計算は省きますが、家庭用の蛍光灯に含まれる紫外線量は、太陽の光に含まれる紫外線の約1000分の1だといわれています。

また最近多いLED照明は、蛍光灯の約200分の1程度。

通常、照明のすぐそばで過ごす事なんてありませんから、 屋内の証明の下にいて浴びる紫外線は、本当にわずかだということがお分かり頂けるかと思います。

たとえ24時間、蛍光灯のすぐ近くで無防備に過ごしたとしても、 浴びる紫外線は太陽の下で数十秒ほど過ごしたときと同程度でしかないのです。

LED照明なら、さらに浴びる紫外線量は少なくなります。

紫外線を出すための照明もある

家庭用の照明から発せられる紫外線はわずかですが、 例えば殺菌用の照明や、日焼けサロンなどで用いられる照明(UV蛍光管)は逆に紫外線が発せられるように設計されています。

ただ、紫外線は人間の体にとって有害なものであるため、 皮膚に炎症を起こさせるUV-B波はカットするなど、まったく太陽の紫外線と同じものであるというわけではありません。

とはいえ、肌に害のあるものであるのには違いなく、 ハイドロキノン利用時にそういった紫外線を肌に浴びるのはNGです。



まとめ

家庭で利用するタイプの照明であれば、発せられる紫外線はわずかであるため、 ハイドロキノン利用時ても気にする必要はありません。

どうしても気になるのなら、蛍光灯よりもさらに発せられる紫外線が少ないLED照明を利用すると良いでしょう。

ただし日中は屋外からの紫外線が屋内に入ってくるため、 弱めの日焼け止めを付けておくことをおすすめいたします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なハイドロキノンを使用した管理人がおすすめする、ハイドロキノン化粧品をご紹介。

結論としては、安定型ハイドロキノンが低刺激でストレスなく使えました。
酸化しづらいため、肌の上で効果が長持ちしやすいこと、さらに劣化リスクを抑えられるというメリットもあります。

特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方には安定型ハイドロキノンが一押しです。



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要