ハイドロキノン利用時におすすめの日焼け止めは?またその塗り方について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
UV対策は徹底的に行うべきだとされる、ハイドロキノン。

UV対策の代表的なものといえば、日焼け止め用のミルクやクリームですが、具体的にはどのような日焼け止めを利用すればよいのでしょうか。

また正しく塗ることができているでしょうか?

今回は、ハイドロキノン利用時に使いやすいおすすめの日焼け止めを数点ご紹介すると共に、 ハイドロキノン利用時の日焼け止めの塗り方について解説します。

【PR】Amazonで人気の製品

KISO 安定型 ハイドロキノン 10%配合【ハイドロ クリーム SHQ-10 5g】ちょこっとケア 日本製

新品価格
¥2,480から
(2018/4/24 15:23時点)

ユークロマ(ユウクロマ)20g 1本【海外直送品】

新品価格
¥1,850から
(2018/4/24 15:10時点)




ハイドロキノン利用時に日焼け止めが欠かせない理由

ハイドロキノン利用時に、日焼け止めが欠かせないといわれている理由は何でしょうか?

ハイドロキノンはやや安定性に欠ける物質であり、光や熱に弱いという特徴があります。

例えば、温度の高い場所にハイドロキノン化粧品を放置するとすぐに使えなくなりますし、 強い紫外線があたると、毒性のある成分へと変質してしまいます。

もし、ハイドロキノン利用時に紫外線を浴びてしまった場合、 変質した成分の肌への刺激によって、新たなシミを作る原因にもなりかねません。

もともと日焼け止めは、肌を紫外線から守るために利用されますが、 ハイドロキノン利用時はその目的に加えて、ハイドロキノンの変質を防ぐために利用します。

あと、ハイドロキノンにはメラニン生成を強力に抑制する作用があるとされますが、 メラニンが生成されないということは、肌をガードするものが存在しないのと同じこと。

そのメラニンが少ない状態で紫外線を浴びると、肌が紫外線ダメージを直接受けてしまい、 炎症を起こしたり、将来皮膚がんになるリスクが高まる可能性があります。

ハイドロキノンを利用している期間中や塗るのをやめた直後は、 メラニン生成が抑えられた状態であるため、肌の健康のためにも日焼け止めは利用しなくてはいけないのです。
・ハイドロキノンの変質を防ぐため(光毒性がある)
・メラニン生成が抑えられた状態の肌を紫外線からガードするため
以上が、ハイドロキノン利用時には日焼け止めが欠かせないといわれる主な理由です。



ハイドロキノン利用時におすすめの日焼け止めは?

日焼け止めと一口に言っても様々なタイプの製品が存在しますが、 ハイドロキノン利用時にはどのような日焼け止めを利用すればよいのでしょうか?

ここではハイドロキノン利用時に使いやすい、おすすめの日焼け止めをご紹介いたします。

選び方のコツとしては、普段使い用としては紫外線吸収剤不使用であったり、 肌に負担をかけない日焼け止めがおすすめです。

外出時などここぞという時には、SPF値が高く、 ウォータープルーフなどの機能を持つ日焼け止めを利用すると良いでしょう。
【選択のポイント】

・できるだけ肌に刺激のない成分であること
・テクスチャーが柔らかめで塗りやすい
・TPOに合わせられるよう、SPF値別に2~3種を揃えておくと便利



ソレオ オーガニックス

オーストラリア初のオーガニックの日焼け止め「ソレオ オーガニックス」。

100%天然由来の原材料(クプアスバターとミネラル(酸化亜鉛)等)を使用し、 紫外線吸収剤不使用であるのにもかかわらず、SPF30+、PA++の紫外線カット持続力を実現しています

保湿成分を配合しており、日焼け止めにありがちなカサつきが起こりにくいこと、 ウォータープルーフであるため、汗をかく夏にも利用しやすいです。

また独自の亜鉛技術により、白くなりにくい所も魅力。

ハイドロキノンを利用する場合の、普段使い用としておすすめの日焼け止めです。




WELEDA(ヴェレダ) エーデルワイス UVプロテクト

WELEDA(ヴェレダ)から販売されている、日本限定品のエーデルワイス UVプロテクト。

100%天然由来の原材料を使用して作られたノンケミ処方の日焼け止めで、 合成保存料や合成着色料、合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤不使用

安心して使える内容ながら、SPF33、PA++の紫外線カット持続力を実現しています。

ハイドロキノンを利用する場合の、普段使い用としておすすめの日焼け止めです。

うっすらとしたベージュっぽい色のクリームであるため、 化粧下地としてもおすすめ。




POLA ホワイティシモ

ポーラが販売する、美白ベーシックケアシリーズ「ホワイティシモ」にてラインアップされている、 大人の肌に向けた日焼け止め。

高SPF値の日焼け止めはきしみが気になる、重い付け心地やべた付きが苦手という方におすすめの製品です。

2種提供されており、1つは紫外線吸収剤フリー、SPF30、PA+++のマイルドな日焼け止め「UVブロックミルキーフルイド」、 そしてもう1点にはSPF50、PA++++という高い紫外線カット持続力を持つ日焼け止めに、 美白有効成分を配合した「UVブロックシールドホワイト」をラインアップ。

必要な方のみを揃えても良いですし、両方揃えてTPOに応じた使い分けをするのも良いでしょう。 化粧下地としても優秀です。




LANOA ミネラルCCクリーム

外出時は必ずメイクをするという方におすすめしたい、日焼け止め兼ファンデーションを兼ねた「LANOA ミネラルCCクリーム」。

なんと紫外線吸収剤や鉱物油、合成香料、タール色素、パラベン等がフリーのノンケミカル処方でありながら、 SPF50+、PA++++という国内最高値の紫外線カット持続力を実現しています。

高SPF値の日焼け止めやファンデーションは、肌に負担のかかる成分が使われている事が多く、 あまり頻繁には使いたくありませんが、本製品は敏感肌の方にも向いています。

外出時の日焼け止めとメイクを1つで済ませることができるという、お手軽さも魅力ですし、 価格がリーズナブルである点も良いですね。

個人的にはミネラルCCクリームと、同じシリーズで提供されているフェイスパウダーの併用がおすすめ。 皮膚を吸収することでメイクの持ちを良くし、高い日焼け止め効果を長持ちさせてくれます。





UV対策に持っておくと絶対重宝する「UVネックガード」

日焼け止めをつけているから、紫外線の下へ堂々と出ても大丈夫だというわけではありません。

日焼け止めはあくまでも、日焼けの害を遅らせる目的で利用するものであり、 紫外線をまったく浴びていない事にはならないのです。

まあ、いうまでもなく日傘や帽子等を併用されている方は多いと思いますが、 そういったUVグッズのひとつとしておすすめしたいのが、「UVネックガード」と呼ばれる日焼け対策の帽子です。

フィールドベンチャー UVネックガード


UVネックガード
「UVネックガード」は、アウトドアやガーデニングなどをされている方に人気の高いUVグッズ。 前身となった商品は、1ヶ月に2000個以上も売れたというヒット商品です。

顔や首回りを、紫外線から強力にガードします。

もともとは外国製品であったものが、国内向けにリニューアルされさらに使いやすくなりました。

紫外線遮断率は97%、紫外線防止指数はUPF45(※)という高数値を実現。5色のカラーバリエーションを提供しています。

日焼け止めと併用すれば、ハイドロキノンを利用されているような方でも安心して屋外で過ごす事ができるはずですし、 熱中症や日射病の防止にもおすすめのアイテムです。

※素肌のままで20分程度で肌が赤くなる紫外線量の場合、UPF45であれば約15時間日焼けを防ぐ効果があります。


顔全体や口元を覆えるUVグッズって色々出ていますが、 大抵は怪しい感じになってしまうため利用しづらいんですよね。

そういった怪しげなグッズに比べると、 「UVネックガード」はアウトドア製品という感じの見た目であるため、抵抗なく活用できます。

顔を覆うタイプの製品って夏場は暑くて大変なのですが、 「UVネックガード」は紫外線カット効果を持つ薄手のポリエステル生地を採用しているため、風通し良く快適。

顔全体を覆ったり、また単純に帽子としても利用できるなど、場面に応じてスタイルを変えられるところも良いです。

1つ持っておくと、絶対に重宝すると思います。




正しい日焼け止めの塗り方 知っていますか?

あなたは普段、日焼け止めをどのようにして塗っているでしょうか?

1回に使用する日焼止めの量は?
またその塗り方は?

人によって様々だと思うのですが、もし使う量が少なすぎたり塗り方にムラがあったとしたら、 きちんとした日焼け止めの効果を得られないかもしれません。

ハイドロキノンを利用しており、普段よりもUV対策を徹底する必要があるという以上、 正しい使い方を知って日焼け止めを効果的に活用しましょう。

日焼け止めの使用量は?

例えば顔一面に日焼け止めを塗る場合、500円硬貨の片面の面積分くらいの日焼け止めが必要です。

顔に500円硬貨分くらいの日焼け止めって結構多いのですが、 その分量を塗ってようやく、日焼け止めのパッケージに記載されているSPF値分の紫外線カット持続力を発揮できます。

もちろん首や腕、足に塗る場合も、顔に塗った時と同じような分量の比率で日焼け止めを塗る必要があります。

日焼け止めを塗るタイミングは?

化粧水やハイドロキノンクリーム、メイク..etc..
特に女性は色々なものを顔に塗り重ねる必要があります。

その順番ですが、まず最初に基礎化粧を済ませますよね。(ハイドロキノン含む)

その後、完全に顔が乾いてから日焼け止めを顔全体に塗布してください。
化粧下地を使用したい方は、日焼け止めの後に化粧下地を加えても良いですが、できれば下地兼用で使える日焼け止めを用いるようにしましょう。

日焼け止めが馴染んだら、ファンデーションで仕上げていきます。

なお、色々なものを沢山重ね塗りし過ぎるとファンデがよれやすくなります。
ファンデがよれたり浮いてしまうと、日焼け止め効果がさがってしまうため、塗り過ぎは逆に厳禁です。

色々塗るのが苦手な方は、保湿や日焼止め効果等を併せ持つ、 リキッドやクリームタイプのファンデーションを利用すると良いでしょう。

例えば、先に掲載した「LANOA ミネラルCCクリーム」などが、そのタイプのファンデです。

高い紫外線カット持続力を持ちながらも、ノンケミカル処方で敏感肌の方にも向いており、 高SPF値を実現するファンデーションとしては多くの方に使いやすいのではないでしょうか。

日焼け止めの具体的な塗り方

さらに日焼止めの塗り方について。
単に、500円玉硬貨分の量の日焼け止めを顔に伸ばせばよいというわけではありません。

そのような適当な塗り方をすると、ムラが出来やすくなります。

まず、手のひらに出した日焼け止めを頬、鼻、おでこ、アゴに適量置き、 置いた場所から周りに広げるように伸ばしていきます。

伸ばしすぎないようにするのがコツです。
余りに薄く延ばすと、紫外線カットの効果を発揮できません。特に日に当たりやすい部分は、重ね塗りしても良いでしょう。

最後に手のひらを使って顔を包むようにおさえ、日焼け止めを顔に密着させます。

その後、ある程度日焼け止めが乾いてからメイクを行うようにします。

なお、日焼け止めの種類によってはメイクしづらいテクスチャーの製品も存在しますので、 べた付きの多いものは避けた方が無難。

参考までに記載しておくと、下地としての利用しやすさを考慮した場合、 先に掲載したPOLAの「ホワイティシモ」がおすすめ。

サラッとした使い心地でメイクがしやすく、評価も高いです。 外出時にはSPF50の「UVブロックシールドホワイト」を使用すると良いでしょう。



まとめ

ハイドロキノンの利用時には欠かすことのできない日焼け止め。

日焼け止め効果の高さを期待するのなら高SPF値の製品を選びたい所ですが、 高SPF値の製品は肌に負担がかかりやすく、常時利用するのは肌によくありません。

普段使いにはSPF値が控えめのものを、 また外出時には高SPF値の製品を利用するといった具合に、使い分けをするのがおすすめです。

あと日焼け止めを重ね塗りすると、軽く洗ったくらいでは落ちづらくなります。

洗い残しは肌に大きな負担をかけるため、日焼け止めをたっぷり使った日には、 特に念入りに落とすよう心掛けてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なハイドロキノンを使用した管理人がおすすめする、ハイドロキノン化粧品をご紹介。

結論としては、安定型ハイドロキノンが低刺激でストレスなく使えました。
酸化しづらいため、肌の上で効果が長持ちしやすいこと、さらに劣化リスクを抑えられるというメリットもあります。

特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方には安定型ハイドロキノンが一押しです。



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要