ハイドロキノンとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皮膚科でのシミ治療にも使われる、ハイドロキノン。
何でも写真の現像を行う人の手がとても白いことより、美白効果があるとして美容にも用いられるようになったそうです。

以前は日本ではハイドロキノンの使用が禁止されていたため、気軽に利用することはできませんでしたが、現在は厚生労働省によって使用が許可されているため、様々な化粧品に配合されているのを見かけるようになりました。

私の利用経験から考えても、多分シミには一番オススメの成分ではないかと思います。

ただ、効果があるといわれるだけあって刺激の強い成分でもあるため、皮膚が敏感な方は使い方に注意をする必要があります。
おススメ! 1.9%濃度なのに4%と同じ?
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できるという 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

当サイト管理人自身も、実際に使用しています。

まずは価格の安いトライアルキットでお試しください。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



なぜ、ハイドロキノンがシミに使われる?

シミは、作られたメラニンが排出されずに肌に残ったものです。
ハイドロキノンは、そのシミのもととなるメラニン色素が生成されるのを防ぐ効果があります。

メラニンが生成されるためにはまず、メラニン色素を生成する細胞であるメラノサイトで、チロシナーゼという酵素とチロシンが結合する必要がありますが、ハイドロキノンにはチロシナーゼ活性の阻害作用があります。

チロシナーゼとチロシンの結合を防ぐ事により、メラニンが生成されるのを防ぐのです。

また、メラニン色素の生成を防ぐだけではなく、できてしまったメラニン色素を還元する作用もあります。

多くの美白に効果があるといわれる成分は、できてしまったシミよりもシミ予防に重きを置いているのに対し、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えるだけではなく還元する作用もあるため、すでにあるシミにも用いられるのです。



ハイドロキノンが効果的なシミは・・

例えばハイドロキノンは、老人性色素班と呼ばれる一般的なシミや、女性ならではの肝斑に利用されることもありますし、ニキビ跡や皮膚炎などの炎症が色素沈着してしまったシミにも利用されます。

一方で、真皮層に色素があるあざ…例えば太田母斑や、血行不良によるクマには効果がないため、そのような色素沈着に利用しても意味はありません。



ハイドロキノン利用の注意点

ハイドロキノンは先にも書いたとおり、やや刺激の強い成分です。
そのため、肌が弱い方はもちろんですが初めて利用する方も、低めの濃度から始めるのが良いでしょう。

パッチテストを行う

パッチテストを二の腕の内側などで行ってから、何も症状が出なければ利用してもOKです。逆に赤みが出たり腫れてしまった場合には、利用はお勧めできません。

それでもシミを何とかしたい場合には、皮膚科への相談をおすすめします。ハイドロキノン以外のシミ治療を行ってくれるはずです。

ハイドロキノンの光毒性には注意 紫外線対策を徹底する

ハイドロキノンには光毒性があります。

光毒性とは、光にあたると毒性を持つ性質のことで、日光に当たるとハイドロキノンの成分が変化してしまい、毒性を持ってしまうため、ハイドロキノン利用時は紫外線に厳重に注意するようにします。

紫外線はシミの元ですから、シミを気にしている方であれば紫外線に気をつけるというのはある意味常識ですが、ハイドロキノン利用時は神経質なくらいに気をつけるようにして下さい。

具体的には、屋内にいる場合でも最低SPF15以上、外出時には最低でもSPF30以上くらいの紫外線吸収剤を含まない日焼け止めを利用し、2~3時間おきに塗り直すようにします。

ちょっとくらい大丈夫だろうと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ハイドロキノンを利用時に日光に当たってしまうと、新たなシミの原因となってしまう可能性もあります。

日焼け止めを塗り、さらに日傘をさすなどして徹底的に紫外線を防ぐようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なハイドロキノンを使用した管理人がおすすめする、ハイドロキノン化粧品をご紹介。

結論としては、安定型ハイドロキノンが低刺激でストレスなく使えました。
酸化しづらいため、肌の上で効果が長持ちしやすいこと、さらに劣化リスクを抑えられるというメリットもあります。

特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方には安定型ハイドロキノンが一押しです。



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要