ふと鏡を見ると、いつのまにか顔に影のようなものが・・
ショックですよね。

私自身も、ある程度日焼けなどには気を付けるようにしていたのにもかかわらず、30代後半くらいからシミがポツポツと表れはじめ、 化粧品のラインアップを慌てて美白用の製品に切り替えたのを覚えています。

ただ、一度出来たシミって中々消えてくれないのですよね。
日焼けや化粧品に気を付けるようにしていても、これ以上シミを増やさないよう、濃くしないようにするのが精いっぱいという感じ。

なんとかできたシミを消せないものか・・と悩んでいた時に知ったのが、ハイドロキノンです。

最初は、他の美白成分と同じようなものだろうと考えていました。

しかし、皮膚科でも処方されている成分だと耳にしてからというもの興味を持ち、ハイドロキノンについて調べ、色々なハイドロキノン製品を試すようになったのでした。




出来たシミの治療にも用いられる「ハイドロキノン」

シミの予防に関しては、日焼けをしないように気を付けたり、多くの美白化粧品を利用することである程度対処できると思います。

ただそういった化粧品が、できてしまったシミの改善に効果を期待できるかというと、正直実感できるほどの効果は感じられないこと、 またたとえ効果があるのだとしても、気が遠くなるほど長く利用し続ける必要があります。

しかし、ハイドロキノン他の美白成分とは性質がやや異なり、シミの元となるメラニン生成を抑制するだけではなく、 すでに生成されたメラニンの還元作用も期待できます。

私自身もシミができた、シミが出来そうだなと思ったら、迷わずハイドロキノンを用いるようにしています。そのおかげか目だったシミもなく、顔色が明るいと人にもよく言われます。




ハイドロキノンがシミに作用する仕組み

なぜ、ハイドロキノンがシミ治療に利用されるのでしょう?

まずシミができる仕組みですが、紫外線を浴びたり、摩擦などによって肌が刺激を受けると、色素細胞であるメラノサイトから、メラニンが生成されます。

メラニンは、それ自体が紫外線などの刺激から肌を保護する役割を持っており、刺激によって細胞が傷ついたり、皮膚がんの発生を予防します。

シミの元というと悪者であるようなイメージを受けますが、メラニンのおかげで、紫外線を浴びても健康な肌を保つことができているのです。

通常、生成されたメラニンは、肌のターンオーバーによって古い角質とともに排出されてしまうため、肌には残りません。

しかし、紫外線を過度に浴びることによってメラニンが過剰に生成されたり、加齢や不摂生によって肌のターンオーバーが乱れると、生成されたメラニンが排出されずに残ってしまいやすくなります。

その残ったメラニンが、シミと呼ばれるものです。

もともと美白化粧品などに利用される美白成分は、メラニンの生成を抑えてシミを予防する働きを持つものが多いですが、 それと同じで、ハイドロキノンにもメラニンの生成を強力に抑制する作用が期待できます。

メラノサイトでメラニンが生成されるには、チロシナーゼ酵素とチロシンが結合する必要がありますが、 ハイドロキノンにはチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用があります。

チロシナーゼ酵素の活性をなくし、チロシンとの結合を妨害することでメラニン生成を抑制するのです。

他の美白成分と比較して、ハイドロキノンのチロシナーゼ活性の阻害作用は約100倍とも言われており、 さらにメラニン生成を抑制するだけではなく、すでに生成されたメラニン色素を還元する作用も持つことから、シミの原因となるメラニンに多方向からアプローチできる成分だといえるでしょう。

他の美白成分とは、一線を画す成分だということがお分かり頂けるかと思います。

皮膚科でもシミ治療に用いられているくらいですから、ハイドロキノン化粧品の人気の高さにも頷けるというものです。




ハイドロキノンには欠点も

シミの予防だけではなく、出来たシミへの効果も期待できるハイドロキノン。
画期的な成分のようにも思えてしまうのですが、欠点もあります。

わかりやすくいうと副作用があるため、ハイドロキノンの利用前には必ず確認しておきましょう。

肌に刺激となる恐れがある

ハイドロキノンは強い成分であるため、あまり肌が強くない方、また敏感肌の方の利用は注意が必要です。 ハイドロキノンの刺激によって、赤味や炎症が出てしまう恐れがあります。

またハイドロキノン自体が体質に合わなかったり、 温度や紫外線などで劣化したハイドロキノンを利用した場合もそういった副作用が起きやすくなるため、 使用前には必ずパッチテストを行うこと、使用するハイドロキノンの管理を徹底するようにしましょう。

茶色く変色してしまったハイドロキノンは劣化しているため、絶対に使用してはいけません。

紫外線や温度に弱い

ハイドロキノンは不安定な物質です。
紫外線や温度に弱く、ハイドロキノンを付けたまま紫外線を浴びたり、 常温に置きっぱなしにしていると成分が変質してしまう可能性が高くなります。

特に、肌に塗ったハイドロキノンが紫外線で変質してしまった場合、その成分によって炎症を起こしたり、 あらたにシミができてしまう原因にもなりえます。

私自身、ハイドロキノンをつけたまま日を浴びてシミを作ってしまった苦い経験があるのですが、 シミに対処するためにハイドロキノンを利用しているのに、シミを増やしてしまっては元も子もありません。

ハイドロキノン利用時は、いつも以上に入念にUV対策を行うようにしましょう。 日中、日の当たる場所で過ごす時間が長い場合は、夜のみの利用に留めた方が無難です。

白斑ができる可能性

高濃度ハイドロキノンを長期間利用した場合に、肌の一部に白斑ができてしまう恐れがあります。

白斑とはメラニンが全く作られなくなってしまう状態の事で、 白斑になった部分だけ色が抜けたように白くなってしまうため、シミと同様に目立ってしまうことも。

ただし濃度が4%以下のハイドロキノン化粧品であれば、日本人の肌には白斑は起きにくいといわれています。 稀に高濃度にハイドロキノンを配合した製品も見かけるものの、 市場に出回っている殆どの製品は配合率が4%前後であるため、それほど神経質になる必要はないと思います。

とはいえ、4%前後のハイドロキノンであっても、長期間使い続けるのは避けた方が良いかもしれません。 数か月使用し、数か月休む・・といった具合に、休み休み利用するようにしましょう。




ハイドロキノン シミの種類によっては効かない事も

シミと一口にいっても様々な種類が存在しており、その原因も様々。
見た目は同じようなシミに見えても、シミの種類によってはハイドロキノンを利用しても効果がない場合があります。

ハイドロキノンの利用が効果的なシミ

・日焼けによるシミやそばかす
・加齢による老人性色素斑と呼ばれるシミ
・肝斑
・傷や炎症などによる色素沈着
日焼けによってできたシミやそばかす・・いわゆる日光黒子と呼ばれるシミや、 加齢とともにできやすい老人性色素斑と呼ばれるシミ、女性ならではの肝斑や、 炎症などによってできた色素沈着には、ハイドロキノンの利用が効果的です。

ただし上にあげたシミであっても、必ずしも効果が出るとは限りません。

ハイドロキノンの効果が出ないシミ

・ほくろ
・メラニンが原因でないシミ
ほくろも部位によっては気になるものですが、ほくろはメラノサイトが密集してできたものであり、 メラニンが肌の深い部分に及んでいるため、ハイドロキノンの効果が全くないとはいえないにせよ、効果はでにくいです。

あと、メラニンが原因ではないシミに関しても、ハイドロキノンを利用する意味はありません。




ハイドロキノン化粧品 どんな製品を選ぶべき?

以前に比べて、よく見かけるようになったハイドロキノン配合の化粧品。

ただハイドロキノン化粧品と一口にいっても、ポイント使いするもの、敏感肌の方でも使いやすいものなど、様々なタイプの製品が存在しており、 どれを選べばよいのか迷う方もおられるはず。

ここでは、実際にハイドロキノンを使用した経験を元に、特におすすめのハイドロキノン化粧品をピックアップしてご紹介いたします。

いろいろ使ってみた結論としては、安定型(新型)ハイドロキノンが刺激性が低いという点で使いやすく、 また肌の上で効果を発揮しやすくリスクが少ないという点でおすすめ。

参考: ハイドロキノンは刺激が強すぎる!安定型ハイドロキノンをおすすめする理由

特に肌が弱い方は、迷わず安定型ハイドロキノンを選ぶべきだと思います。

以下、上から3つは安定型の性質を持つハイドロキノン配合の化粧品で、残り1つは通常のハイドロキノンで おすすめの化粧品をご紹介しています。



b.glen(ビーグレン) ホワイトケアシリーズ

QuSome化ハイドロキノン(安定型ハイドロキノンと同様の性質)と呼ばれる、ナノカプセル化ハイドロキノンを使用した、 QuSomeホワイトクリーム。

ハイドロキノン濃度が1.9%と低濃度ながら、 浸透テクノロジーにより4%のハイドロキノン並の効果を発揮できるコスメです。

低濃度であるため、ハイドロキノンにしては比較的長く使い続けられること、 また顔全体への使用もOK。(合わない場合を除く)

低刺激なので、敏感肌の方にも向いています。

現在、QuSomeホワイトクリームを含む、 ホワイトケアシリーズのトライアルセットが、送料無料、365日間の返品&返金保証付きで試せます。

最近よくある、購入縛りなどがある定期購入などではないところも良いですね。 私自身もよく利用しています。



アンプルール ラグジュアリーホワイト

アンプルール独自の、新安定型ハイドロキノンを配合したハイドロキノン化粧品のラインアップ。

一般的なハイドロキノンよりも劣化しづらく、また肌刺激も低減させているため。 特にハイドロキノンの扱いに慣れていない初心者の方、敏感肌の方に向いています。

現在、ラグジュアリーホワイト(美容液、化粧水、乳液ゲル、メイク落とし・洗顔料)のトライアルキットが 送料無料、手数無料で1,890円(税込)で試せます。

次回のお買い物が1,000円オフとなる特典付き。



シーボディ プラチナVC

APIS(最新型ビタミンC誘導体)と呼ばれる浸透性の高いビタミンC誘導体を使用したプラチナVC。

こちらは最新型ビタミンC誘導体の配合をメインにした製品ですが、 成分の1つとして新安定型ハイドロキノンを採用しています。

ハイドロキノンをはじめとする、さまざまな成分の相乗効果で美白を狙いたいという方におすすめの化粧品だといえるでしょう。

肌に負担がかかりやすい成分を極力排除する「無添加処方」であるため、 敏感肌の方にも使いやすい製品です。

現在初回のみ、ローションや美容液、乳液などをセットにしたお試しキット「プラチナVCスターターセット」を、送料無料で1,000円(税別)で試すことができます。

次回以降に使える20%オフクーポンが付いている事、 また返金保証制度があるため気軽に試せます。



セルピュア ブライトニングクリスタル

クリニックの皮膚科医が監修したハイドロキノンクリーム。

安定型ではありませんが、これ1つでホワイトケアとピーリング的なケア(角質をオフ)が行えることから、 使い勝手の良さで人気の高いハイドロキノンクリームです。

ハイドロキノン濃度は5%とやや高濃度。 角質をオフするサリチル酸を配合しており、より効果的にハイドロキノンによるケアが行えます。

広範囲のシミよりもスポット的にシミをケアしたいという方や、 濃度の低いハイドロキノン化粧品では効果がなかったという方におすすめ。



ハイドロキノンの効果を引き出す!ピーリングを組み合わせてみる

メラニンへのアプローチに効果が期待できるハイドロキノンですが、 加齢などによって肌のターンオーバーのサイクルが乱れているような場合、ハイドロキノンの効果が出るまでに時間がかかる可能性があります。

皮膚科ではハイドロキノンに合わせて、 肌の新陳代謝を高めるトレチノインが利用される事が多く、トレチノインのおかげでよりハイドロキノンの効果を高めることができるのですが、 トレチノインは皮膚科でしか処方されておらず、市販品を手に入れるというのは難しいです。

また、もしトレチノインを手に入れることができても、肌のターンオーバーを通常よりも早めてしまうという性質上、 一時的にではあるものの肌が悲惨な状態になります。

いくらハイドロキノンの効果が早く出るといっても、メイクでは隠せないくらい赤味や皮剥けが起こってしまうというのはちょっと・・という方も多いはず。 でも効果は早く出て欲しい・・。

そこでお勧めしたいのが、自宅で出来る気軽なピーリングです。

医療機関やエステサロンで提供されるケミカルピーリング程の効果はありませんが、 古くなった角質をオフできるため、肌のターンオーバーをスムーズにする効果が期待できます。

肌の生まれ変わりがスムーズにいけば、それだけメラニンが肌の外部へ排出されやすくなりますし、 ハイドロキノンの成分が肌にいきわたりやすくなるため、効果が出やすくなるはずです。

ハイドロキノン自体が刺激のある成分であるため、 頻繁にピーリングを行うのは厳禁であること、また敏感肌の方にはおすすめできませんが、 ハイドロキノン単体で利用するよりも、若干の効果アップを期待できるでしょう。

ここではハイドロキノンと組み合わせやすい、市販のピーリング剤をピックアップしてみました。 個人的には、フォームタイプの製品がハイドロキノンのスキンケアと組み合わせやすく、好みです。


セルピュア ピーリングフォーム

皮膚科クリニック監修のピーリングフォームです。

サリチルサン、グルコノラクトンと呼ばれるAHA成分を配合。 クリニックで行うような、本格的なピーリングが自宅で手軽に行えます。

ph調整によって弱酸性を実現しているため、敏感肌の方にも使いやすいです。


プラスソープHQ

ピーリング作用を持つグリコール酸に、ハイドロキノンを配合した石けん。

ハイドロキノンは1%濃度で刺激が少ないため、顔だけでなく全身に利用できます。

現在、特別価格の製品を提供中。通常よりもお得に試す事ができます。(特別価格品はなくなり次第終了)
詳細: プラスソープHQ


きらりのつくりかた

マッサージタイプのピーリングジェル。

柔らかいテクスチャのジェルを肌に伸ばし、優しくマッサージして古い角質を落とします。

石油系の合成界面活性剤やパラベンほか、肌に負担となりやすい成分は無添加。

低価格で気軽に取り入れやすいピーリング剤です。





ハイドロキノン利用時のUV対策のめやす

ハイドロキノン利用時はUV対策を徹底するように・・なんていわれますが、一体どの程度紫外線に気を付ければ良いのでしょうか?

自分の経験をもとに、状況に応じたUV対策のめやすについてまとめてみました。

日中を屋内で過ごす場合

日中のほとんどを屋内で過ごす場合であっても、SPF20、PA+程度の日焼け止めは使用するようにしましょう。

屋内であっても、窓越しに紫外線は降り注いでいますし、 微弱ではありますが、部屋のライトなどからも紫外線は発せられています。

もし日が明るいうちにベランダなどに出て洗濯物を取り込んだり、植物に水をやったりすることがある場合は、 短時間であってもSPF30~40、PA++以上くらいの日焼け止めを利用した方が良いでしょう。

帽子などで日を遮るようにすると、さらに効果的です。

通勤やお出かけの予定がある 短時間でも紫外線を浴びる場合

日中ずっと出歩くわけではないけれど、通勤やお出かけ時に紫外線を浴びる可能性がある場合は、 SPF30~50、PA++~++++程度の日焼け止めを利用しましょう。

出歩く際、日焼け止めに加えて帽子やサングラス、日傘などを併用すると効果的です。

基本的に私自身は、日焼け止めを塗っていたとしても日を浴びないよう、 帽子や日傘のようなグッズで徹底的に日を遮るようにしています。

日がきつい日は照り返しの紫外線もばかにならないため、屋外で過ごすのは短時間に留めるようにしましょう。

日中の屋外での活動時間が長い場合

仕事やイベントなどで屋外での活動時間が長い場合は、日中のハイドロキノンの利用は避けた方が良いでしょう。 夜間のみハイドロキノンを利用し、日中は別の美白化粧品に切り替えるのが無難です。

もちろんハイドロキノンを利用していなくても、ハイドロキノンのメラニン抑制作用は続いているため、 UV対策はしっかりと行わなくてはなりません。

屋外で過ごす時間が長い場合は、最低でもSPF40以上の日焼け止めを用い、 数時間置きに塗り直すようにしてください。

なお、真冬であれば汗や皮脂の分泌も少ないため、目に見えて日焼け止めが流れてしまうという事はありませんが、 温かくなってくる3月以降は特に注意が必要。

面倒ではありますが、定期的に日焼け止めを塗り直すようにしてください。




Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要