安定型ハイドロキノンなら高濃度でも大丈夫?副作用は起きない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、安定型ハイドロキノン(新型ハイドロキノン)を使用した化粧品が増えています。

ハイドロキノンは劣化しやすく刺激性が高いため、利用にはかなり神経を使う成分ですが、 安定型ハイドロキノンは通常のハイドロキノンよりも安定性を高めるとともに、刺激性を低減しているため、 環境が一定ではない家庭でも利用しやすいというメリットがあります。

刺激が少なければ、それだけ濃度の高いハイドロキノンを利用しやすくなるため、 安定型ハイドロキノンを用いた化粧品では、やや高濃度だと思われるものも少なくはありません。

濃度の高いハイドロキノンが低刺激であるというのは、 利用者にとっては嬉しいことですが、中には大丈夫??と思うような濃度の高いものも見受けられます。

そこでふと疑問が。

確かに、安定型ハイドロキノンは劣化しづらく刺激性も抑えられてはいますが、 だからといって副作用の面でも安全だといえるのでしょうか?

刺激が少なくても、5%は5%、10%は10%のハイドロキノンなりの危険性があるのではと思われますが、 その点はどうなのでしょうか?
おススメ! 1.9%濃度なのに4%と同じ?
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できるという 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

当サイト管理人自身も、実際に使用しています。

まずは価格の安いトライアルキットでお試しください。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



安定型ハイドロキノンの化粧品は高濃度でも使いやすい

先にも述べた通り、安定型ハイドロキノンは刺激性が抑えられているため、高濃度に配合したものでも利用しやすいです。

実際、肌があまり強くはない私は、2%のハイドロキノン化粧品でもピリピリとした刺激を感じてしまうのですが、 安定型であれば、5%濃度のハイドロキノンでも全く刺激を感じずに使うことができています。

肌が敏感、でもシミを治療したいという方にとって、 安定型ハイドロキノンを使用した化粧品は非常に重宝するものだといえますよね。

ただ、安定型ハイドロキノン化粧品は刺激を感じにくいがゆえに、 さらに高濃度・・と欲張ってしまいやすくなるという傾向があり、その点は注意が必要。

刺激が少なくても、高濃度ハイドロキノンなりの効果がみられるということは、 副作用もそれなりにあると考えられるからです。



高濃度ハイドロキノンの副作用って?

ハイドロキノンは副作用が起きやすいなどとよくいわれますが、 具体的にハイドロキノンの副作用ってなんでしょうか?
・肌が紫外線に弱くなる
・変性したハイドロキノンによる、肌への悪影響
・白斑
他にも、肌が炎症を起こしてしまうなど色々ありますが、 主には上記の3つが、ハイドロキノン使用時に起きやすい副作用だといえます。

肌が紫外線に弱くなるというのは、肌をガードする役割を果たすメラニン色素の生成がハイドロキノンによって抑えられ、 紫外線ダメージの影響を直接受けやすくなってしまうため。

メラニン生成を抑えるという作用は、シミの改善には必要な作用であるため、 仕方がないといえばそうなのですが、高濃度ハイドロキノンではさらにその作用が強くなってしまうため、 厳重な紫外線対策が必要になります。

あと、肌にハイドロキノンを塗布したまま紫外線を浴びた場合に、 ハイドロキノンが毒性を持つ物質へと変性してしまい、肌に悪影響を与えてしまう可能性も否めません。

防ぐためには、日中のハイドロキノンの利用を控えるか、 利用する場合には紫外線対策を徹底するなどの対策が必要になります。

あと白斑。
これは、色素細胞であるメラノサイトが機能しなくなる事によって起こりうる副作用です。

ハイドロキノンを使用しているのにもかかわらず、ご存知ない方もおられるのですが、 ハイドロキノンにはメラノサイトに対する細胞毒性があります。

その細胞毒性によってメラノサイト自体の活性を抑え、メラニン生成を強力に抑制する作用がありますが、 その作用があだとなってメラノサイト自体が機能しなくなってしまう可能性もあります。

白斑は低濃度ハイドロキノンよりも、高濃度ハイドロキノンを長期に利用した場合に起きやすいといわれており、 高濃度ハイドロキノンを使用する場合には特に注意しなくてはなりません。



高濃度でも使いやすいがゆえに注意が必要な「安定型ハイドロキノン」

紫外線の影響や白斑などが副作用としてあげられる、ハイドロキノン。

紫外線に関する副作用については、紫外線対策を徹底することでなんとかなりますが、 白斑についてははっきりとした予防方法があるわけではなく、ある意味「運」だともいえなくはありません。

出来ることとしては、高濃度ハイドロキノンの利用は避ける、 ハイドロキノン配合の化粧品を長期間利用しないなどの対策があげられます。

安定型ハイドロキノンは、従来のハイドロキノンよりも刺激性が少なく、 劣化しにくいという点で使いやすくはあるのですが、使いやすい分、より高濃度に手を出してしまいやすいという欠点があります。

安定型であっても、メラニン生成抑制といったハイドロキノンならではの作用は、 通常のハイドロキノンと変わりません。

副作用が起きるリスクも変わらない点を考えると、 高濃度ハイドロキノンの利用に関しては、もう少し慎重になる必要があります。

では、安定型ハイドロキノンよりも、通常のハイドロキノンを使用した方が良いのかというとそんな事はなく、 利用するのならやはり安定型ハイドロキノンの方が確実におすすめ。

ただ使いやすいからといって、高濃度ハイドロキノンには安易に手を出さないようにすることが大切です。



安定型ハイドロキノン どの製品を選べばよい?おすすめは?

最近では、安定型ハイドロキノンを使用した製品も増えましたが、 個人的におすすめなのは、ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9 」というハイドロキノンクリーム。

独自のテクノロジーによってハイドロキノンの刺激性を抑えると共に、 浸透力を高めることで、よりハイドロキノンの効果を引き出しやすくしています。

ハイドロキノン濃度は1.9%とかなり低いながら、4%並の効果を実感できるなど、 特にハイドロキノンの副作用を懸念される方や、敏感肌の方にお勧めのハイドロキノンクリームです。

相性の良し悪しが大きいハイドロキノン化粧品なだけに、 365日間返品・返金保証に対応しているという点も、安心。

返品・返金対応してもらえるのは安心だけど、手続きが面倒そう・・という方は、 QuSomeホワイトクリーム1.9をいきなり買うのではなく、 まずはQuSomeホワイトクリーム1.9を含む、ホワイトケアシリーズのトライアルセットを試してみると良いでしょう。


トライアルセットで提供されているハイドロキノンクリームは量が少ないため、 それだけでシミへの効果を実感することは難しいですが、肌に合うか合わないか、使い続けられるかどうかの目安にはできると思います。

また以下では、安定型ハイドロキノンのおすすめ製品を数点ご紹介していますので、 あわせてご覧いただければと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトおすすめのハイドロキノン化粧品のひとつである、ビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」の特徴や使用感をレビューしています。

浸透性を高めるテクノロジー「Qusome」を用いることで、1.9%濃度ながら4%のハイドロキノン並の効果が期待できるという魅力のアイテムです。。

刺激を低減しているため、特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方におすすめ!



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要