市販でもハイドロキノン10%のクリームが手に入る 高濃度ほど効果がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昔は医療機関でしか手に入らなかったハイドロキノンですが、 最近はネットでも手軽に入手できるようになり、とても身近な美白ケアの成分となりました。

5%~10%などという、高濃度ハイドロキノン化粧品も珍しくはなく、 すでに利用しているという方、またこれから利用してみようかなという方もおられると思うのですが、 ハイドロキノンは刺激性の強い成分です。

5%~10%もの高濃度ハイドロキノンを使用して、はたして大丈夫なのでしょうか?
おススメ! 1.9%濃度なのに4%と同じ?
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できるという 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

当サイト管理人自身も、実際に使用しています。

まずは価格の安いトライアルキットでお試しください。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



一般的に用いられる事が多いのは2%~4%程度のハイドロキノン

ハイドロキノンは副作用が起こる可能性の高い成分ですが、 一般的に用いられることの多いハイドロキノンクリームや化粧品は、大体2~4%程度の濃度です。

個々の肌質にもよるため、この濃度なら絶対に大丈夫と言い切ることはできませんが、 肌の弱い方でも2%程度なら刺激を感じずに利用できる例が多いようですし、 4%程度までのハイドロキノンであれば、日本人の肌質であれば白斑が起こる可能性はないだろうといわれています。

私自身、2~4%程度のハイドロキノンを利用して、特に副作用を感じたことはありません。

ただ、ハイドロキノンの濃度によってシミへの効果に差が出るのは事実で、 濃度が高い程ハイドロキノンの効果も高く出ます。

ゆえに大きなシミ、またできてから年数の経過したシミには高濃度ハイドロキノンが用いられることもありますが、 濃度が高いほど副作用が起こりやすいのもまた事実であり、 効果とそのリスクを天秤にかけた上で、慎重に利用する必要があります。



最近は10%濃度のハイドロキノンも市販されている

日本で解禁となってからしばらくの間は、低濃度タイプしか見かけなかったハイドロキノン化粧品ですが、 近年では驚いてしまうくらい高濃度のハイドロキノン化粧品も見かけるようになりました。

なんと、最近では10%という高濃度ハイドロキノンクリームも存在します。

10%といっても、安定性の高い安定型ハイドロキノンを使用した製品と、 通常のハイドロキノンを使用した製品が存在しており、それらを同じようにリスクが高いとひとくくりにする事はできませんが、 医療機関であっても10%ハイドロキノンは出さないところがあることを考えると、 自己流でこういった化粧品に手を伸ばすのは相当にリスクが高いといえるでしょう。

正直、自己管理の元で利用するのなら、 高濃度であっても5%以下には抑えた方が良いように思います。

ただ、すでに4~5%のハイドロキノンを使用して今一つ効果が出なかったような場合、より濃度の高いハイドロキノンを使用したいと思う方もいるでしょう。

リスクを承知のうえで高濃度ハイドロキノンを利用するというのなら、 例えばキノンクリーム10% のような安定型(新型)ハイドロキノンを配合した製品の利用がおすすめ。
安定型(新型)ハイドロキノンは、従来のハイドロキノンをナノカプセル化した新しいハイドロキノンで、 刺激性が大幅に低減されています。

ただ、さすがに10%ともなるとそれなりに刺激はあるのと思われますので、 リスクを理解した上で自己責任で利用する必要があることを覚えておいてください。

私自身については、自分の肌には最大でも5%くらいまでが限度だと思っています。



低濃度・高濃度にかかわらず副作用について理解した上で利用しよう

先にも述べたように、ハイドロキノンには一般的な化粧品の成分には見られないような副作用があります。

具体的にはやや不安定な成分であるため、紫外線や熱で容易に変質してしまうこと、 また刺激性も一般的な化粧品に利用される成分に比べると、高いです。

例えばハイドロキノンの刺激によって肌が荒れてしまったり、炎症を起こす可能性をはじめ、 ハイドロキノンを塗布した状態で紫外線を浴びた場合、成分が変性して毒性のある成分(ベンゾキノン)へと変わってしまい。 肌に害を与えてしまう可能性もありますし、長期の利用によってメラノサイトが破壊されてしまい、 「白斑(※)」の症状が出る可能性もないとはいえません。
※メラニンが生成されなくなって、肌の色が抜けた状態

ネットを見ていると、ハイドロキノンについてよく調べずに使用し、 副作用が出て困っている・・なんて方を見かけることがありますが、これってとても怖いことです。

後から後悔する羽目にならないように、ハイドロキノンを利用する場合は、 管理方法や副作用、してはいけないことなどをしっかりと理解した上で、慎重に利用するようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトおすすめのハイドロキノン化粧品のひとつである、ビーグレンの「Qusomeホワイトクリーム1.9」の特徴や使用感をレビューしています。

浸透性を高めるテクノロジー「Qusome」を用いることで、1.9%濃度ながら4%のハイドロキノン並の効果が期待できるという魅力のアイテムです。。

刺激を低減しているため、特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方におすすめ!



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要