変色したハイドロキノンは効果がないばかりか害!使わずに捨てること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイドロキノンを長期間置いておいたら、茶色く変色してしまった・・なんて話をたまに聞きますが、 茶色く変色したハイドロキノンは、成分が変質してしまっています。

ハイドロキノンは成分が不安定であるため、紫外線にさらされたり、 温度の高い場所に放置すると成分が変質してしまう可能性が高く、それゆえに早く使い切るようにとか、冷蔵保存を徹底するようにいわれているのです。

使用しても美白効果が得られないだけではなく、肌に害となる可能性もあるため、 ハイドロキノンが変色していたら絶対に使用してはいけません。
おススメ! リスクを抑えたハイドロキノン
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できる 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

まずは価格の安いトライアルキットでどうぞ。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



茶色く変色したハイドロキノンを使用したら、どうなる?

変色したハイドロキノンは、成分が酸化しています。

ハイドロキノンにはメラニン生成を抑える作用や、メラニン還元作用がありますが、 酸化したハイドロキノンを使用してもそのような作用は得られません。

まだ効果がないだけなら良いのですが、 酸化したハイドロキノンは成分が変性して毒性を持ってしまっている場合があり、 そのようなハイドロキノンを肌に使用した場合、刺激を与えてしまったり、最悪その刺激によって新たなシミを作ってしまう可能性もあります。

私自身が劣化したハイドロキノンを使用した経験はないため、シミ云々については定かではないものの、 そのようなリスクの高いものを使用するメリットは全くありません。

ハイドロキノンが変色していたら、迷わずに捨てるようにしましょう。



ハイドロキノンの変色、劣化を防ぐには

ハイドロキノンの劣化を防ぐためには、開封後は速やかに使用すること、 また特殊な加工がなされたハイドロキノン(後述)以外の製品は、必ず冷蔵庫で保管してください。

開封前であっても、購入してから時間が経ちすぎた製品は使用しない方が無難です。 使用する予定の目途が立ってから、購入するようにしましょう。
・購入したらできるだけ早く使いはじめる
・開封後は1か月以内に使い切ってしまう
・冷蔵庫で保管する
なお、手元に届いたばかりのハイドロキノンが変色していた場合は、配送時の保管状態が悪かったか、 手元に届くまでの保管状態が悪かったと思われるため、メーカーに問い合わせた方が良いと思われます。



ハイドロキノン 変色していないから大丈夫だとは限らない

ハイドロキノン、開封してから少し時間が経ってしまっているけれど、 変色していないから大丈夫だと使い続ける方がおられるかもしれません。

ただ、ハイドロキノンは空気に触れれば触れるほど酸化がすすみます。

冷蔵庫保存していた場合、時間が経っても変色まではしづらいようですが、変色していなくてもハイドロキノン自体の酸化は進んでる可能性が高いため、 あまりにも長く同じハイドロキノンを使い続けるのは避けた方が無難です。

そのようなハイドロキノンは、使用しても期待するような効果が得られにくいばかりか、 肌トラブルの原因になる可能性があります。

冷蔵庫保存であってもできれば1ヶ月、遅くとも1ヶ月半以内には使い切りたいところです。 古くなったハイドロキノンは勿体無いかもしれませんが、処分しましょう。

顔にシミが少なく、1ヶ月で使い切れないような場合は、 ひじやひざの黒ずみなどに使ってみてはいかがでしょうか?

もちろん顔以外であっても、ハイドロキノンを使用した部位は紫外線対策が必要。日焼け止めを使うなどの対策を行うようにしてください。



長期保存可能なハイドロキノン化粧品も存在する

通常は短期間しか保存できないハイドロキノンですが、中には長期保存が可能なハイドロキノン化粧品も存在します。

いわゆる、安定型と呼ばれるハイドロキノンを使用した製品が、比較的長く使うことができます。 中には常温保存可能な製品も存在するなど、ハイドロキノンにしては扱いやすいものだといえるでしょう。

もちろん、長期保存といっても1年以上も持つわけではありませんが、 通常のハイドロキノンよりは確実に長く使えること、また長く持つということは成分が酸化しづらいということであるため、 最後までハイドロキノンならではの効果を保ったまま、使い切ることができるはずです。

保存面だけではなく、安定型ハイドロキノンには浸透のしやすさや低刺激性など、 様々な面でメリットがあるため、安心して使いたいのなら安定型ハイドロキノン使用の製品を選ぶべきです。

大抵のメーカーでは、お試し用の製品を提供しているようですので、まずはそういったもので試してみると良いでしょう。

あと、製品によって保管期限や常温保存の不可など扱いが異なるため、 安定型ハイドロキノンの製品をご利用の場合は、製品の取扱説明書をしっかりと確認の上で利用するようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なハイドロキノンを使用した管理人がおすすめする、ハイドロキノン化粧品をご紹介。

結論としては、安定型ハイドロキノンが低刺激でストレスなく使えました。
酸化しづらいため、肌の上で効果が長持ちしやすいこと、さらに劣化リスクを抑えられるというメリットもあります。

特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方には安定型ハイドロキノンが一押しです。



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要