ハイドロキノンの副作用が怖い方には「APPS」や「APIS」と呼ばれるビタミンC誘導体がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シミに悩む方にとって、ハイドロキノンは魅力的な成分です。

しかし効果に期待できる分、紫外線に弱いなどの副作用を持ちあわせており、 特に日常的に外出の多い方だと、利用をためらってしまうのではないでしょうか。

そんな方にお勧めしたいのが、「APPS」や「APIS」と呼ばれるビタミンC誘導体

ビタミンCには、ハイドロキノンと同じようにメラニン生成を抑制する作用だけではなく、 メラニン還元作用もあるとされており、シミのケアを心がける方はぜひ活用したい成分です。

今回は、そんな「APPS」や「APIS」の特徴やその働き、またおすすめできる製品について詳しく解説いたします。

解説よりもおすすめの製品を先に見たいという方は、 APPS・APISを配合した化粧品のおすすめは?をご覧ください。



ビタミンCをシミに使う その効果は?

美白系の化粧品に用いられることの多いビタミンC。

美白化粧品に活用される理由としては、ビタミンCにメラニン生成を抑制する作用があること、 またメラニンの還元作用を持つという点があげられるでしょう。

皮脂分泌を抑える作用もあるため、ニキビ用の化粧品などにも良く使われているのを見かけますね。

ほかにもコラーゲンの生成を促したり、抗酸化作用によって体内の活性酸素を除去したりと、 美容にも健康にも欠かせない成分です。

化粧品に使われる美白作用のある成分は数多く存在しますが、 メラニン生成を抑制する作用に加えて還元作用を備えているのは、 今のところハイドロキノンとビタミンC(ビタミンC誘導体)の2種のみ。

シミの元となるメラニンを作らせないだけでなく、すでにできたシミにも作用させることができるため、 顔のシミやくすみを消したいのであれば、上記成分を配合した化粧品を選ぶと効果的です。

先にも述べた通り、ハイドロキノンは副作用が怖くて使う気になれないというのなら、 ビタミンCを利用した美白化粧品を選ぶと良いでしょう。



シミに「ビタミンCが良い」 といっても、どれでもよいわけではない

シミを消したいのなら、メラニン還元作用を持つビタミンC配合の化粧品が良いと述べましたが、 ビタミンCといっても様々な構造を持つ成分が存在しており、 ビタミンCなら何を使ってもよいというわけではありません。

純粋なビタミンCは不安定で変質しやすいこと、また肌に浸透しづらいという理由から、 化粧品には、ビタミンC誘導体と呼ばれる成分が用いられることが一般的です。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCならではの欠点を取り除き、肌でその効果を発揮しやすいよう安定化させた成分のこと。

化粧品のパッケージなどには、L-アスコルビン酸○○○・・などという成分名で書かれていることがほとんどであるため、 原材料欄を確認してもわかりにくいかもしれません。

このビタミンC誘導体にも様々なタイプの成分が存在しており、 即効性のあるものや持続力があるものなど、それぞれ特徴が異なります。

中には化粧品として利用しても効果が殆ど期待できないものもあるため、 単純にビタミンC誘導体が使われている化粧品を選ぶのではなく、 肌で効果を発揮しやすいビタミンC誘導体が使われているかどうか、という点を確認しながら選択することが大切です。



肌で効果を発揮しやすいビタミンC誘導体は?

純粋なビタミンCに比べて安定しており、肌への浸透性も高いビタミンC誘導体ですが、 場合によってはビタミンCならではの効果を発揮できない事があります。

ビタミンC誘導体のビタミンCは、いわゆるカバーで覆ってあるような状態にあります。

そのビタミンC誘導体が効果を発揮するためには、 人の肌内部に存在する酵素によって、誘導体化したビタミンCを利用できるような形へと変えなくてはなりません。

ビタミンCを利用できる形にしてはじめて、その恩恵を受けることができるようになるのです。

肌内部に酵素が存在しているのなら問題ないのでは・・と思われるかもしれませんが、酵素の量には個人差があります。

例えば酵素の量が少なかったり、人が持つ酵素では分解できないタイプのビタミンC誘導体が化粧品に使われていた場合、 ビタミンC本来の作用を発揮させることができません。

効果のない化粧品なんて使うだけ無駄であるため、 どのようなビタミンC誘導体が使われているかという点は、とても重要なのです。

では、効果がでやすいビタミンC誘導体とは一体どのようなものでしょうか?
どのようなタイプのビタミンC誘導体が存在するかについて、簡単に見ていきましょう。


ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性が存在する

ビタミンC誘導体には主に水溶性の性質を持つもの、油溶性の性質を持つものが存在します。

水溶性ビタミンC誘導体は、いわゆる水に溶けやすい性質を持つビタミンC誘導体で、 肌への浸透性が高く、ビタミンCとしての即効性も高いといわれます。

ただし、その効果を持続させにくいというデメリットも。

一方で油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性とは逆に効果は持続しやすいですが、 ビタミンCとしては即効性がありません。

このように、いずれのビタミンC誘導体にもメリットデメリットがあり、 ビタミンCの肌への効果を考えた場合、どちらを利用するか迷うところです。


水溶性と油溶性 両方の性質を持つ「両親媒性ビタミンC誘導体」も存在する

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性が存在すると述べましたが、最近は新成分の開発が進み、 「両親媒性ビタミンC誘導体」という、水溶性と油溶性両方の性質を持ったビタミンC誘導体がみられるようになりました。

有名なものではAPPS(アプレシエ)と呼ばれる成分、 また比較的新しいAPISと呼ばれる成分などが存在します。

これらは、水溶性と油溶性のメリットを持ちあわせたビタミンC誘導体で、 一般的なビタミンC誘導体とは比較にならない浸透力を実現しています。

例えばAPPSの場合、一般的なビタミンC誘導体と比較して100倍もの浸透力が、 またAPISは、APPSのさらにその上をいく200倍の浸透力を持ちあわせるなど、 桁違いの効果を望めるビタミンC誘導体だといえるでしょう。

特にAPISは、他のビタミンC誘導体よりも肌内部でビタミンCへと変換されやすい性質を持っており、より効果が期待できそうです。

難点は、いずれも価格が高めである点で、 通常のビタミンC誘導体を用いた化粧品と比較すると、APPSやAPISを配合した化粧品は明らかに高価です。

また、APISは特に最近の成分であるために配合化粧品がまだあまり存在せず、選択肢の幅が広くはありません。


どのビタミンC誘導体を選ぶ?

以上のように、ビタミンC誘導体と一口にいっても様々なタイプの成分が存在することがわかりましたが、 それでは一体どのビタミンC誘導体を選べばよいのでしょうか?

価格的には、水溶性や油溶性のビタミンC誘導体を配合した化粧品の方が安価で選びやすいですが、 ビタミンC化粧品としての効果にはムラがありそうです。

一方で価格はやや高くはあるものの、両親媒性ビタミンC誘導体の効果は期待大
少なくとも、通常のビタミンC誘導体とは比較にならないはずです。

シミを消すためにビタミンC誘導体を配合した化粧品を使用するのなら、 少しでも効果に期待が持てる化粧品を使いたいもの。

なら、両親媒性ビタミンC誘導体を配合した化粧品を利用するのが好ましいといえるでしょう。




APPS・APISを配合した化粧品のおすすめは?

シミ対策として、APPSやAPISを配合した化粧品を使ってみたい。
そんな方におすすめできる、ビタミンC化粧品をご紹介します。

APPS、APISと一口にいっても、各メーカーが独自に開発したものも存在するなどその種類はさまざま。 ビタミンC以外の配合成分や価格も、製品によって大きく異なります。

予算や目的にあった製品を選ぶようにしましょう。


シーボディ プラチナVC

まだ数少ない「APIS(最新型ビタミンC誘導体)」をはじめとする様々な美容成分を配合したプラチナVC。

APISは、通常のビタミンC誘導体のなんと200倍もの浸透力を誇る最新のビタミンC誘導体で、 加えてプラチナナノコロイドや新安定型ハイドロキノン、プラセンタエキス、ヒト型セラミド5種等を配合するなど、 贅沢な成分を豊富に配合した透明感のための化粧品です。

配合されているハイドロキノンは、改良を施し安定化させたハイドロキノンであるため、 通常のハイドロキノンのような副作用の心配はありません

また無添加処方を採用するなど、肌に負担がかかりやすい成分は極力排除されているため、 敏感肌の方にも使いやすいです。

現在、7日分のローションや美容液、乳液などをセットにしたお試し製品「プラチナVCスターターセット」が、 初回のみ送料無料で1,000円(税別)試せます。

返金保証制度あり、また次回以降に使える20%オフのクーポン付き



サイクルプラス

APPSパウダーと化粧水の2剤式を採用した、最新型ビタミンC誘導体配合の化粧水「サイクルプラス エンリッチローション」。

使用直前にパウダーを混ぜることによって、化粧水の状態では劣化しやすいAPPSを、 フレッシュな状態で肌に届ける事ができる画期的な製品です。

化粧水にはEGF様ペプチドやFGF様ペプチド、5種類のヒアルロン酸を配合。 APPS以外にも贅沢な配合成分でありながら、比較的リーズナブルであるところが魅力です。

現在、APPS配合のエンリッチローションに、メイク落としや乳液、洗顔料、クリーム他、 様々なアイテムをセットにした「初めての方お試しセット」を送料無料・割引価格で提供中



APP-Cフラ セラム

広尾プライム皮膚科監修のドクターズコスメ、APP-Cフラ セラム。

両親媒性ビタミン誘導体「APPS」に加え、 優れた抗酸化作用を持つフラーレンを高濃度に配合(※)した、贅沢な美容液です。

成分の劣化を防ぐポンプ式の容器を採用しているため、長く使えます。

配合成分が豪華なだけに、価格はやや高いですが、 それだけの効果が期待できる製品です。シミはもちろん、年齢肌にお悩みのかたにもおすすめ。

現在、定期コースだと1回目が30%オフ、以降も割引価格で購入できます。

ただし4回以上の継続購入が条件となるため、 とりあえず試してみたいだけという方は、割引はありませんが通常購入をお選びください。


※フラーレンを高濃度に配合した製品にのみ表示できる、ラジカルスポンジマークを取得。





美白化粧品だけではなく紫外線対策も徹底しよう

シミを消したいがために高価な美白化粧品を使用したとしても、 紫外線対策がおざなりであれば化粧品の効果は半減するどころか、さらにシミを増やしてしまう恐れもあります。

本気でシミを消したければ、日ごろの紫外線対策を徹底しましょう。

以下、ハイドロキノン利用時におすすめの日焼け止めの記事ですが、掲載している日焼け止めは一般の方にもおすすめできますので、参考にご覧ください。
日常的なUV対策を行うことはもちろん、 睡眠、食事、ストレスなど体に負担をかけない生活・・・いわゆる活性酸素をできるだけ発生させず、発生してもすぐに除去できるような体内環境を心掛けることが大切です。

あと、美白化粧品をつかったからといってすぐにその効果が表れるわけではありません。 最低でも数か月、定着したシミになると年単位でケアに取り組む必要が出てきます。

なかなか消えないからといって途中であきらめず、根気よくケアを行いましょう。






Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要