ハイドロキノン利用時はこれ以上にないくらいUV対策を徹底すること!その理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイドロキノン使用時は、紫外線を浴びてはいけないことは多くの方がご存知だと思います。

私自身もハイドロキノンを利用しているときと利用をやめてしばらくの間は、いつも神経質なくらいにUV対策を徹底しており、 うっかり薄いシミを作ってしまった事はあるものの、紫外線による大きな被害は感じたことがありません。

ですが、中にはきつい紫外線を浴びてしまい、シミが濃くなったり炎症を起こしてしまう方もおられるようです。

今回は、ハイドロキノン利用時にUV対策を徹底しなくてはならない理由と、具体的なUV対策についてお話しいたします。
おススメ! リスクを抑えたハイドロキノン
ハイドロキノン濃度1.9%ながら、独自技術により4%と同等の効果が期待できる 「QuSomeホワイトクリーム1.9」。

まずは価格の安いトライアルキットでどうぞ。 送料無料、365日間の返品&返金保証付きです。



ハイドロキノンは不安定で変質しやすい

ハイドロキノンが配合の化粧品等を利用中に、紫外線を浴びてはいけない理由の一つとして、ハイドロキノン自体が不安定な物質だからという理由が上げられます。

ハイドロキノンは変質しやすく、例えば気温の高い所におくとすぐに酸化して茶色くなってしまいますし、紫外線にさらされると刺激性のある成分へと変性してしまいます。

変性したハイドロキノンは肌トラブルの大きな原因となるため、紫外線を浴びてはいけないといわれるのです。

トラブルとは具体的に、肌が赤味を帯びてしまったり(軽いやけどのような状態)、新たにシミが出来てしまうこともあるようです。

シミをなくしたくてハイドロキノンを利用し始めたのに、新たに増やしてしまっては意味がありません。



ハイドロキノン利用時は、肌が紫外線に無防備な状態になっている

ハイドロキノンに利用時に紫外線がNGだとされる理由は、他にもあります。

ハイドロキノンを肌に使うと、メラニン生成に必要なチロシナーゼと呼ばれる酵素の活性が阻害されるため、メラニンが生成されにくくなります。

それゆえにシミ予防になるといわれているのですが、メラニンが生成されないという事は、肌を守るものが何もないのと同じこと。

美容の悪とされるメラニンですが、もとは肌を刺激や紫外線から守る為に生成される物質であり、メラニンが存在するからこそ、紫外線のダメージを肌に直接受けずに済んでいます。

しかし、そのメラニンが存在しないということは、紫外線の害を弱めるフィルターが何もないのと同じことになります。

UV対策を何もしなければ、紫外線のダメージを肌に直接受けてしまうということになるのです。

肌に直接ダメージを受けるとどうなるのか・・?

例えば、メラニンの生成量が少ない白人や、メラニンを生成できない体質である人や動物は、紫外線の影響で皮膚がんになりやすいといわれています。

ハイドロキノン利用時もメラニンの生成が抑えられているわけですから、通常時よりも、紫外線の影響で皮膚がんになる確率が高まっているといっても間違いはないでしょう。



ハイドロキノン利用時は徹底したUV対策が必須!

先にあげたような理由より、ハイドロキノン利用時は普段以上に徹底したUV対策を行う必要があります。

殆ど日に当たらないから大丈夫・・と考えている人もいるかもしれませんが、外に出ない場合でも、UV対策は行うようにしてください。

室内であっても、窓から外光が差し込んだり、光の照り返しなどで考えている以上に紫外線量が高い場合もあります。

具体的にどんなUV対策を行えばよい?

1日室内にいて外出しない場合でも、最低SPF15~20以上の日焼け止めを塗布するようにします。

また外出するのなら、季節にもよりますがSPF30~50くらいの日焼け止めは利用したいですね。いずれにせよ、紫外線吸収剤を含まない肌に優しいタイプの日焼け止めが好ましいです。

さらに外出時は、日焼け止めを数時間置きに塗り直すようにします。

汗をかいていなかったとしても、自分の皮脂で日焼け止めが浮いたり流れたりしますから、マメにチェックすると良いでしょう。

あと、日焼け止めを塗っていたとしても、帽子や日傘、サングラスは装着した方が安心です。

私自身は、帽子だと顔を日光から完全にカバーするのは難しいため、日傘を利用するようにしています。照り返しがきついと思われる場合、帽子と日傘を併用したりもします。



紫外線量が増える夏場、また外出が極端に多い方はハイドロキノン利用は控えた方が良いかも

紫外線量が増える夏場は、紫外線を防御するのが困難であるため、日常的に外出が多い方はハイドロキノン利用を控えた方が良いでしょう。

私自身は、夏場にハイドロキノンを使用したことはありますが、 仕事柄外出が極端に少ないこと、また外出時も紫外線対策を徹底できる環境にあるなどリスクは少ないといえます。

私のように外出が極端に少ないのならばともかく、 例えば仕事で頻繁に屋外で過ごさなくてはならない場合だと、うっかり紫外線にさらされてしまう可能性があります。

日焼け止めなどを使って紫外線を防御するとしても、外で過ごす時間が長いと、全く紫外線の影響をうけないというのは難しいです。

副作用で逆にシミを増やしてしまう可能性もあるため、 夏場はハイドロキノンを利用するのではなく、別の成分を使ったシミへのアプローチを考えた方が安全だといえるでしょう。

ちなみに私自身は、ハイドロキノンを利用しない場合にはアルブチンやコウジ酸、 APPS(新型ビタミンC誘導体)などといった成分を含む化粧品を利用するようにしています。

それらの成分は、ハイドロキノンほど効果は高くないと思いますが、 副作用によるリスクが小さいため、ハイドロキノン利用時ほど神経質になる必要はありません。

市場には非常に沢山の美白化粧品があふれています。
環境に応じて、使い分けるのが賢いやり方だといえるのではないでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々なハイドロキノンを使用した管理人がおすすめする、ハイドロキノン化粧品をご紹介。

結論としては、安定型ハイドロキノンが低刺激でストレスなく使えました。
酸化しづらいため、肌の上で効果が長持ちしやすいこと、さらに劣化リスクを抑えられるというメリットもあります。

特に敏感肌の方、ハイドロキノンが初めての方には安定型ハイドロキノンが一押しです。



関連記事


Copyright © 2017 - ハイドロキノンを使うコツ. All Rights Reserved.  (サイト概要